2018.07.18.

平石クリニック
Pocket

仲良しだった同級生の杏林大学放射線科教授の高山 誠君が、
先週逝去した知らせが届いた。

杏林大の新しい放射線治療機器を、見学しに行った時にも、
忙しい合間を縫って実に丁寧に説明しながら、
これからたくさんの癌患者さんを助けるんだと、
熱い意気込みで話してくださった。

僕がIMRTなど新しい病院を作りたいと相談すると、
運営上の利点や苦労話も奇譚なく話してくれた。

その彼が明日、早すぎる人生を十分に戦って荼毘(だび)に付される。

なんと悲しいことでしょう。
私も癌患者さんを励まし、一日も早く完治を目指す戦いを続けていますが、果てしない戦いを続ける患者さんの気持ちを大切に、
精魂込めて、診療に当たります。
高山誠先生の明るい笑顔を忘れずに、君の熱い診療方針を見習って、大活躍を目指します。

 

高山先生、お疲れ様でした。安らかに眠ってください…。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA