懐かしい慶応大ラクビー部OB

平石クリニック
Pocket

今日は懐かしい慶応大ラクビー部OBの山本君が、20年ぶりにクリニックを訪ねて下さいました。

彼は注射が嫌いで、現役当時はニンニク注射から逃げまくっていました。
今は一児の立派な父親だそうです。

慶応大ラクビー部の選手たちは、妙に大人ぶっていましたが、とても紳士ばかりで、僕のスポーツドクターとしての戦歴に輝かしい学生日本一を刻んでくれました。

亡き上田監督に、どんなに感謝しても、感謝しきれません。

上田監督は、人を育てることは、神技に近い才能のある方でした。

山本君と監督を偲び、忘れられない懐かしいランチをしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA