懐かしい慶応大ラクビー部OB

平石クリニック

今日は懐かしい慶応大ラクビー部OBの山本君が、20年ぶりにクリニックを訪ねて下さいました。

彼は注射が嫌いで、現役当時はニンニク注射から逃げまくっていました。
今は一児の立派な父親だそうです。

慶応大ラクビー部の選手たちは、妙に大人ぶっていましたが、とても紳士ばかりで、僕のスポーツドクターとしての戦歴に輝かしい学生日本一を刻んでくれました。

亡き上田監督に、どんなに感謝しても、感謝しきれません。

上田監督は、人を育てることは、神技に近い才能のある方でした。

山本君と監督を偲び、忘れられない懐かしいランチをしました。

拓殖大学女子陸上部五十嵐監督

平石クリニック

拓殖大学女子陸上部五十嵐監督が、来院。
彼とは正則学園の陸上部として都大路に出場。
亜細亜大陸上部4年生で、箱根駅伝3位入賞し、翌日歓喜のメダルを自慢気に、わざわざクリニックまで見せに来ました。
20年以上の付き合いで、日々陸上部監督として立派に成長しています。

皆さん、拓大女子陸上部を注目していてください。