免疫細胞療法

免疫細胞療法のご案内

免疫細胞療法とは

身体に優しい治療法として注目を集める「最先端のがん治療」

免疫細胞療法とは、自己の免疫細胞を体外で培養し活性化させ、体内に戻すという療法です。
がん患者様は、免疫細胞の活性が健康な人と比べて低下していることが明らかになっております。
そこで、体外で免疫細胞を増やし活性化させ体内に戻すことで、体内の免疫力を強化し、がん細胞に確実な攻撃を仕掛けて「がん」の進行を阻止することを目指しています。
免疫細胞療法は、手術、抗がん剤治療、放射線治療といった、がんの三大療法(標準治療)と併用することで、副作用や体力低下などのデメリットを補う相乗効果があると考えられています。
また、培養し活性化させる細胞は患者様ご本人の免疫細胞ですので、まれに一過性の発熱を伴うことはあっても免疫細胞療法単独での副作用の心配はほとんどないと言えます。
がん細胞と正常細胞を区別し、正常細胞の遺伝子にはダメージを与えることがありません。
免疫細胞療法は、三大療法(標準治療)と併用することで得られる相乗効果や副作用の軽減を目指すことができます。

当クリニックの高活性化NK細胞療法の特徴治療のノウハウ


当クリニックの「高活性化NK細胞療法」は、単にNK細胞の数を増やすだけでなく、がん細胞に対する殺傷能力を強化する技術を駆使し、眠っているNK細胞をも活性化させるため「高活性化NK細胞療法」と銘打っています。

患者様から大量のリンパ球を取り、大量のNK細胞を作り出すことも可能ですが、大量のリンパ球を取るには、アフェレーシスという成分分析採血機を用い、2時間ほどかけて採血を行わなければならないため、体力のないがん患者様には大きな負担となり、返って体力を奪う結果になりかねません。また、そうして出来た大量のNK細胞をがん患者様に戻すことにより高熱が出て、さらに体力を奪うことになります。 手術、抗がん剤、放射線などで、痛めつけられた身体にさらに追い打ちをかけるようながん治療は、身体にやさしい治療とは言えないと考えております。 当クリニックの「高活性化NK細胞療法」は、NK細胞を充分に活性化させるため、がんに対する攻撃能力が高く、効果も充分期待できると言えます。

手術+高活性化NK細胞療法


外科手術によってがん組織そのものを取り除いた後、免疫細胞療法によって目に見えないがん細胞を攻撃。
再発・転移を防ぐために非常に有効であると考えられます。

放射線+高活性化NK細胞療法


放射線治療は、がん細胞を消滅させたり、細胞数を少なくすることができますが、同じ箇所に照射できるに放射線量に上限があり、それを超えて治療を続けることができません。 さらに放射線により免疫力の低下がおこります。
免疫細胞療法と併用する事で、ご自身の免疫力を高めながら治療に取り組むことができると言えます。

抗がん剤治療+高活性化NK細胞療法


抗がん剤はがん細胞以外にも正常な細胞や免疫細胞にもダメージを与えてしまいます。体力の低下や抗がん剤への耐性ができることにより、治療継続が不可能になる事もあります。 免疫細胞療法を併用すればがん患者様の低下した免疫細胞を増殖・活性化し体内に戻すことで、抗がん剤の副作用を抑えながら、継続的に治療に取り組むことができるようになると言えます。

高活性化NK細胞療法(NK細胞を主に増やします)


免疫細胞療法において使用する細胞のなかでも、NK(ナチュラルキラー)細胞の効果が注目されています。
もっとも原始的な免疫細胞であるNK細胞はリンパ球の一種で、自然免疫の中心的役割を果たし、ウイルスに感染した細胞やガン細胞に結合して殺傷する役割を持っています。 NK細胞は、がんであれなんであれ、異物と見れば即、攻撃するという力があります。 がん細胞は健康な方でも毎日3,000個〜6,000個くらいは体内で発生していると言われており、がん細胞をいち早く発見して殺傷するのがNK細胞です。
がん患者様はNK活性が健康な人と比べて低下していることが明らかになっております。NK細胞療法は、最も確実性が高いと考えられるNK細胞を主に高活性化培養し、点滴で体内に戻します

治療は血液50ccほどを採取することから始まります。
一般の献血が400ccですので、それと比べるとはるかに少量で、患者様の身体への負担が少ないといえます。
その後、約2週間をかけて、無菌状態に保たれた最先端の培養施設で、熟練の培養技師が培養、活性化し、NK細胞を数百から数千倍を目安に増やします。
健康な人が持っているNK細胞の数は約1億個ですので、4億~5億になれば効果が期待できると考えられます。(NK細胞の数値は目安であり、培養期間や患者様の状態によって異なります。) それを生理食塩水とともに、点滴で患者様に戻します。

ハイブリッドNK遺伝子療法


NK(ナチュラルキラー)細胞は自然免疫の中心的役割を果たし、毎日3000~6000個発生しているといわれているがん細胞をいち早く発見して殺傷する働きをしています。TRAIL(トレイル)は、NK細胞が、がん細胞を殺傷するときに使用する抗腫瘍サイトカインであり、そのTRAILが、受容体であるDRに結合し、がん細胞だけをターゲットに殺傷させます。
ハイブリッドNK遺伝子は、免疫療法で使用される高活性化NK細胞と遺伝子療法で使用されるTRAIL遺伝子をかけあわせ、それぞれの療法の最大の効果を発揮できるようハイブリッドされた新しい治療法です。

超高濃度ビタミンC点滴療法


がん細胞のみが直接過酸化水素の毒性を受ける

副作用のない天然の抗がん剤

ビタミンCの血中濃度を点滴療法で350mg/dl〜400mg/dlまで上げることにより、「副作用の無い抗がん剤」としての効果を期待します。
超高濃度のビタミンCは、強力な抗酸化作用を発揮し、がん細胞に対して抗がん剤のような毒性を示します。
しかし、正常細胞には活性化を図ります。

ビタミンCの血中濃度を毎回測定しながら350mg/dl〜400mg/dlに安定するまで高濃度のビタミンCを点滴で注入する療法です。

【注意事項】
※必ず朝食を摂って来て下さい。あるいは十分な水分を摂って来て下さい。
※腎透析をされている方は、ビタミンC点滴を行うことが出来ません。

樹状細胞療法(樹状細胞を主に増やします)


樹状細胞療法は体外で大量に樹状細胞を誘導して体内に戻すことにより、樹状細胞の抗腫瘍免疫を最大限に高めて、がん細胞を消失させることを狙った治療法です。
樹状細胞療法において、腫瘍を殺傷する能力を持つのは細胞障害性T細胞(CTL)です。
このCTLは腫瘍抗原(目印)を見つけることで腫瘍を認識します。 この腫瘍認識方法はNK細胞と異なることから、樹状細胞療法とNK細胞療法による相加・相乗効果が期待できると言えます

樹状細胞(Dendritic Cell ; DC)は免疫担当細胞の一つで、体内に侵入したバクテリアなどの敵(専門的には非自己と言います)を食べて処理すると共に、T細胞に敵の情報を伝える役割を持った細胞です。 情報を受け取ったT細胞はその敵を攻撃する専門部隊を組織し、敵を体内から完全に排除するまで働きます。

この働きは抗原提示と呼ばれ、樹状細胞は非常に高い抗原提示能を持っていることから、プロッフェッショナル抗原提示細胞(APC)とも言われます。
樹状細胞はほとんどの免疫応答において初動を担うと共に、引き続き起きる免疫応答への橋渡しを行っており、免疫全体から見ると要の細胞と位置付けられています。

自家がんワクチン療法


がん遺伝子治療(αβT細胞療法)


がんと遺伝子

がんは、遺伝子の変異によって、正常な細胞分裂の回数や周期のコントロールが失われ、無限に増殖を繰り返してしまうことで発症する病気です。
細胞は通常、ダメージを受けても自己修復したりアポトーシス(自死)させることができると考えられています。
しかし、これがうまく修復できないと遺伝子に変異が生じてしまいます。
正常な細胞の中では、遺伝子によって分裂と抑制のバランスが絶妙にとられ、私たちの身体は健康を維持しています。
がん遺伝子治療は、正常な「がん抑制遺伝子」を体内に入れることにより、がんの死滅や遺伝子の正常化を促すことを目指した治療法です。

高活性化アルファ・ベータT細胞療法(αβT細胞療法)


アルファ・ベータT細胞を増やします

免疫細胞療法において使用する細胞によって、その名前が付いています。
「高活性化アルファ・ベータT細胞療法」は文字通りアルファ・ベータT細胞を活性化し、増殖させます。
アルファ・ベータT細胞は、リンパ球の中のT細胞の一種で、比較的簡単に増殖が可能です。
免疫細胞の働きを総合的に高める効果があり、これが増えることで、他の免疫細胞の活性化を促します。
また、がん細胞は免疫を抑制しますが、その働きを抑え、免疫環境を整えます。
がん患者様は健康な人と比べて免疫細胞の数が総合的に低下しています。
比較的増殖が容易であるアルファ・ベータT細胞で、免疫細胞の総数を増やすこともがんと闘う上で非常に重要となります。

免疫細胞療法の適応外と思われる疾患、等

ご確認ください。

1) 造血器腫瘍


1:急性骨髄性白血病(AML)
2:骨髄異形成症候群(MDS)
3:骨髄異形 / 増殖性腫瘍
4:TならびにNK細胞性腫瘍
 ※病型の詳細については別参照

3) 血球貪食症候群(HPS)


2) 自己免疫疾患


臓器特異自己免疫疾患全般
(関節リウマチ、多発性硬化症、I型糖尿病、等)

4) 治療関連


1:臓器移植を受けている患者さん
2:造血幹細胞移植を受けている患者さん

5) 条件付き適応疾患


可溶性IL-2Rの異常が認められないB細胞性腫瘍、ホジキンリンパ腫
※病型の詳細については別参照

6) 不明


慢性骨髄増殖性疾患(CMPD)
※病型の詳細については別参照

病型の詳細について

以下の表をご参照ください。

急性骨髄白血病(AML) 特異染色体異常を伴うAML 8;21 転座急性骨髄性白血病
16 番染色体逆異(転座)急性骨髄性白血病
15;17 転座急性骨髄性白血病(AML-M3)
11q23 異常 AML
多血球異形成を伴う AML(AML-MTD) 骨髄異形成症候群から転化した急性骨髄性白血病
他血系異形成を伴う初発の急性骨髄性白血病
治療関連 AML および MDS アルキル化剤に関連した急性骨髄性白血病
エピポフィロトキシン関連の急性骨髄性白血病
上記カテゴリー以外の AML 最未分化型急性骨髄性白血病(AML-M0)
未分化型急性骨髄性白血病(AML-M1)
分化型急性骨髄性白血病(AML-M2)
急性骨髄単球性白血病(AML-M4)
急性単芽球性白血病(AML-M5a)
分化型急性単球性白血病(AML-M5b)
急性赤白血病(AML-M6a)
急性赤白血病(AML-M6b)
急性巨核芽球性白血病(AML-M7)
急性好塩基球性白血病
骨髄線維症を伴う急性汎骨髄症
腫瘤形成性急性骨髄性白血病(骨髄肉腫)
系統不詳の急性白血病 急性混合白血病(二重表現型)
急性混合性白血病(二系統混合型)
骨髄異形成症候群(MDS) 不応性貧血(RA)
多血球異形成を伴う不応性血球減少症(RCMD)
鉄芽球と多血球系異形成を伴う不応性血球減少症(RCMD-RS)
芽球増加を伴う不応性貧血-1(RAEB-1)
芽球増加を伴う不応性貧血-2(RAEB-2)
分類不能型(MDS-U)
5q-症候群
骨髄異形成/増殖性疾患(MDS/MPD) 慢性骨髄単球性白血病(CMML-1)
慢性骨髄単球性白血病(CMML-2)
非定型慢性骨髄性白血病(aCML)
若年性慢性単球性白血病(JMML)
慢性骨髄増殖性疾患(CMPD) 慢性骨髄性白血病(CML)
慢性好中球白血病(CNL)
慢性好酸球性白血病(CEL)
好酸球過剰症候群(HES)
真性赤血球増加症(PV)
慢性特発性骨髄線維症(CIM)
本態性血小板症(ET)
B 細胞性腫瘍 前駆 B 細胞性腫瘍 前駆 B 細胞性リンパ芽球性白血病/リンパ腫
成熟 B 細胞性腫瘍 慢性リンパ性白血病/小リンパ球性リンパ腫
B 細胞前リンパ球性白血病
リンパ形質細胞リンパ腫/マクログロブリン血症
脾辺緑帯リンパ腫
へアリー細胞白血病(HCL)
形質細胞腫瘍
節外性粘液関連リンパ組織型辺緑帯 B 細胞リンパ腫
節外辺緑帯 B 細胞リンパ腫
濾泡性リンパ腫(FL)
マントル細胞リンパ腫(MCL)
び慢性 B 大細胞型リンパ腫(DLBCL)
縦隔(胸腺)発生 B 細胞リンパ腫
血管内大 B 細胞リンパ腫
原発性胸水リンパ腫
バーキットリンパ腫/白血病
リンパ腫様顆粒細胞腫
T ならびに NK 細胞性腫瘍 前駆 T 細胞性腫瘍 前駆 T 細胞性リンパ芽球性白血病/リンパ腫
成熟 T 細胞性ならびに NK 細胞腫瘍 T 細胞前リンパ球性白血病
T 細胞大顆粒リンパ球性白血病
進行性 NK 細胞白血病
成人 T 細胞白血病/リンパ腫(ATL/L)
節外性 NK/T 細胞リンパ腫、鼻および鼻型
腸管症型 T 細胞リンパ腫
肝脾 T 細胞リンパ腫
皮下蜂か織炎様 T 細胞リンパ腫
芽球性 NK 細胞リンパ腫
菌状息肉腫/セザリー症候群
原発性皮膚 CD30 要請 T 細胞リンパ増殖症
血管免疫芽球型 T 細胞リンパ腫
末梢性 T 細胞リンパ腫、非特定
未分化大細胞型リンパ腫(ALCL)
ホジキンリンパ腫